コンサルテーション|こころの病気のはなし 用語

トップページ 診療案内 各種プログラム こころのはなし ご家族 スタッフ募集 サイトマップ English
こころのはなし

こころの病気のはなし > 用語 > コンサルテーション

こころの病気の用語

コンサルテーション

医療における「コンサルテーション」とは、医師などの専門家が患者さんの抱える問題を解決する過程で、他の専門家に相談することを指します。精神科領域では、内科や外科といった身体の診療科(身体科)の医師が、患者さんの精神面の問題について精神科医に相談することです。精神科的治療やケアの必要性、心理的支援などについてアドバイスを受け、診療に生かします。こうした連携のあり方を「コンサルテーション精神医学」と言うこともあります。主に総合病院における診療方法です。

対象になる疾患はさまざまですが、例えば手術のあとのせん妄(意識混濁、幻覚、錯覚などが現れる状態)や、がんの告知を受けたあとのうつ病、睡眠障害などが挙げられます。もともと精神疾患がありながら身体の疾患で入院している患者さんや、身体的な症状を訴えるのに身体面の異常が見つからない患者さんなども、精神科医に相談する対象となります。

 

近い概念で、「リエゾン精神医学」というものもあります。リエゾンとは「連絡」「連携」といった意味です。精神医学においては、身体科の医師と精神科医、加えて精神科の専門知識を持った看護師、精神保健福祉士、臨床心理士など多職種がチームを組んだ診療体制のことを指します。薬物療法、精神療法や心理療法、看護、社会的支援をどう生かすか、多角的に検討することが可能です。

 

コンサルテーションとリエゾンの違いとして、精神科医が関与するタイミングがあります。コンサルテーションは、患者さんに精神面の異常が見つかってから始動するため、往々にして精神症状が重くなっていることがあります。それに対し、リエゾンはあらかじめチームができており、定期的にカンファレンスを開いたり、病棟を巡回したりしています。精神面の異常の早期発見や予防を目的としているため、より軽症の段階で対応することが可能です。

ただし近年では、コンサルテーションとリエゾンをあまり区別しない傾向があります。両者を組み合わせた「コンサルテーション・リエゾン精神医学」(consultation-liaison psychiatry;CLP)を導入している医療機関が増えてきました。略して「リエゾン精神医学」とだけ呼称している場合が多いようです。

 

いずれにしても身体科と精神科が連携して診療することのメリットはたくさんあります。身体科のスタッフは精神症状への理解が深まり、精神科スタッフは仕事へのモチベーションが高まり、結果として医療の質の向上が期待されます。

 

こころのはなし こころの病気の知識 こころの病気のはなし-1こころの病気のはなし-2こころの病まめ知識福祉用語の基礎知識 お役立ち情報自立支援医療制度デイケアこころの健康アラカルトクリニック広場デイケア通信患者様の活動リンク集 トップページへ