トップページ 診療案内 各種プログラム こころのはなし ご家族 スタッフ募集 サイトマップ English
こころのはなし

こころの病気のはなし > 専門編 > 乳幼児期および小児期の哺育障害

乳幼児期および小児期の哺育障害

F98.2 乳幼児期および小児期の哺育障害

Feeding disorder of infancy and childhood

反芻症/反芻性障害

rumination disorder

 

疾患の具体例

1歳6カ月、男児。離乳食を始めたばかりの頃からずっと、ほとんど食べません。おかゆのように柔らかいものは少し食べますが、一度飲み込んでから吐き出し、再び噛んで飲み込んでいることがあります。特に胃腸が悪いわけではありません。栄養がたりないようで、体重は半年にわたって十分に増えず、身長も低いほうです。

 

特徴

WHOの診断ガイドライン「ICD-10」に記載されている「乳幼児期および小児期の哺育障害」は、適切な養育者がいて十分に食事が与えられ、身体の病気がないにもかかわらず、食べることを拒否したり、極端な偏食があったりする障害です。反芻(はんすう)といって、吐き気や胃腸疾患がないにもかかわらず、吐き戻して再び噛むこともあります。

アメリカ精神医学会の診断と統計マニュアル「DSM-5」では、その反芻が伴う哺育障害「反芻症/反芻性障害」について解説しています。反芻症の基本的特徴は、少なくとも1カ月間にわたり、食べたあとに吐き戻しを繰り返すことです。吐き戻しは少なくとも週に数回、典型的には毎日起こります。特に重篤な例では、食べた直後に吐き戻しをするため、栄養が十分に摂取できない問題が生じます。

また、反芻症のある子どもは、舌で吸う運動をしながら頭を後ろに倒し、背中を反らして弓形になるという特徴的な姿勢をとります。吐き戻しと吐き戻しの間はイライラしており、お腹を空かせています。

年長の患者さんのなかには、吐き戻しが社会的に望ましくないことを理解し、意図的に食べることを制限する人もいます。そのため、体重減少や低体重がみられることがあります。

 

有病率

哺育障害

幼児や幼い子どもの15〜35%になんらかの哺育の問題があると見積もられています。しかし、いくつかのコミュニティを対象にした資料では、発育不全症候群のある子どもは3%で、哺育障害のある幼児はだいたいその半分であるとされています。

反芻症/反芻性障害

まれな障害で、有病率を確定させるほどのデータはありません。この障害は知的能力障害のある人など、一定の集団において有病率が高いと報告されています。

 

経過

哺育障害

1歳未満で哺育障害を示す乳児は、ほとんどの場合、適切な診断と介入(治療や支援)があれば発育不全に陥ることはありません。2〜3歳と発症が遅く、障害が数カ月続くと、成長や発達に影響が出る場合があります。1歳までに食物を拒否し続けた乳児の70%は、小児期にも何らかの哺育問題を持ち続けると見積もられています。

反芻症/反芻性障害

小児期から成人期までのどの時期においても起こりえます。幼児の場合、通常、生後3〜12カ月の間に発症します。自然に寛解することが多いものの、重篤な栄養不良など、緊急性を要する事態に発展することもあります。症状は一時的なもので落ち着く人もいれば、治療されるまで続く人もいます。

 

原因

哺育障害

記載なし

反芻症/反芻性障害

環境要因:外部からの刺激が足りない環境、ネグレクトを受けていたり、ストレスの多い生活環境に置かれていたりする心理社会的問題、親子関係の問題は、幼児または年少の子どもが反芻症を起こす原因となりえます。

 

治療

哺育障害

まず親子関係に問題がないか確認します。援助が必要であれば、幼児の体力に見合った授乳や食事ができているか、幼児が疲れているかどうかに親が気付くように助言し、親子関係の改善を目指します。

反芻症/反芻性障害

親子関係に問題がある時は、親への指導が効果をあげることがあります。行動療法的介入として、反芻が起こるたびに、乳児の口にレモン汁を吹きかける方法も効果があります。反芻は3〜5日のうちになくなると言われています。その後の再発もなく、体重は増加し、活動的になって人への反応もよくなると報告されています。

 

診断基準:ICD-10

軽度の摂食困難は幼児期や小児期ではよくみられる(偏食、推定される少食、あるいは過食の形で)。しかしそれだけで障害を示すものと考えてはならない。明らかに正常範囲を超えているか、あるいは摂食問題が質的に異常な特徴をもつか、あるいは少なくとも1ヶ月以上体重増加がないか体重減少があるならば、この診断をくだすべきである。

<含>反芻性障害

[鑑別診断]

以下のものから鑑別することが重要である。

子どもが、いつも養育する者以外の大人からは容易に食物を受け取る状態。

摂食拒否を十分説明できる器質的障害。

神経性無食欲症およびその他の摂食障害 (F50.-)。

より広範囲な精神科的障害。

異食症(F98.3)。

哺育困難と養育過誤(R63.3)。

 

診断基準:DSM-5

A. 少なくとも1カ月間にわたり、食物の吐き戻しを繰り返す。吐き戻された食物は、再び噛んだり、飲み込んだり、吐き出されたりする。

B. この繰り返される吐き戻しは、関連する消化器系または他の医学的疾患(例:胃食道逆流、幽門狭窄)によるものではない。

C. その摂食の障害は、神経症ややせ症、神経性過食症、過食性障害、回避・制限性食物摂取症の経過中にのみ生じるものではない。

D. 症状が他の精神疾患[例:知的能力障害(知的発達症)や他の神経発達症]を背景として生じる場合、その症状は、特別な臨床的関与が妥当なほど重症である。

該当すれば特定せよ

寛解状態:かつて反芻症の診断基準をすべて満たしていたが、現在は一定期間診断基準を満たしていない。

※参考文献

『ICD-10 精神および行動の障害 臨床記述と診断ガイドライン(新訂版)』(医学書院)

『DSM-5 精神疾患の診断・統計マニュアル』(医学書院)

『カプラン 臨床精神医学テキスト』(メディカルサイエンスインターナショナル)

こころのはなし こころの病気の知識 こころの病気のはなし-1こころの病気のはなし-2こころの病まめ知識福祉用語の基礎知識 お役立ち情報自立支援医療制度 ソーシャルワーカーよりデイケアこころの健康アラカルトクリニック広場デイケア通信リンク集 トップページへ